スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姿勢を正させる

教室でノートに文字を書かせていると、背中が丸まりまるで寝ているような姿勢になっている子がいます。
そんな子に、今までどう指導されてきたでしょう。
目が悪くなるから姿勢を正すよう注意したことはないでしょうか。

あるいは、座りながらいすを斜め後ろに傾けて、シーソーのようにバランスをとっている子がいます。
そんな子には、危ないからきちんと座りなさいと指導されたことはないでしょうか。

これらの指導の仕方には、全く、他を意識させる観点も師弟の一線を引く観点もありません。

目が悪くなったり、危なかったりするのは事実ですが、それ以前に、教わる側として、先生に失礼な態度であるとの指摘が必要です。
いすに浅く腰掛けて斜めにもたれるような座り方、足を組む、貧乏揺すりをする、あご肘をつく。
すべて子供たちのとる様々な態度の悪さに対して、個別に逐一理由をつけて指摘しなくても、周囲や特に先生に対して失礼であるとの観点をしっかり教えることによって、指導の普遍化を図れるのです。

他を意識させる観点が抜け落ちていると、子供たちは身勝手な行動をとるようになります。
師弟の一線を引く観点が抜け落ちると、子供たちは平気で先生を乗り越えようとしてきます。



残念ながら乗り越えられてしまった経験の浅い先生からの相談事を紹介します。
それは、座り方など授業態度について、何度注意しても改まらないがどうしたものか、という相談でした。その先生は、腰を深くかけなさいや、丸まった背中を起こしなさいなど具体的な注意を繰り返していたそうですが、一向に改まらず、挙げ句の果てに机の横にはみ出して足を投げ出すようになってしまったとのこと。
その様子を、いくら注意しても態度を直してくれないのですと相談されたのです。

この相談事に対する解答の要点は三点。

まず「直してくれない」という表現に、先生が子供に対して態度を改めてほしいという依頼の気持ちが強くにじみ出てしまっていること。
次に、注意を繰り返してしまっていること。
さらに、そもそも注意をすることによって、善悪の価値判断を子供から奪ってしまっていることが指摘できます。


本来は、足を投げ出すような態度についてそれでよいのかと問い、子供自身に考えさせ答えさせる。
たったこれだけでよいのです


子供には考える力が備わっていますから、よほどの反抗心を露わにしない限り、良くないと答えるでしょう。
先生は「では、そうしなさい」と毅然とした態度で応じるだけです。

人は自ら考え、自ら決定したことしか実行しません。
もちろん、態度を直してほしいのではなく、本人の責任によって直さねばならないのです

それでも、繰り返すならば、自分で言ったことも実行できないのかと追及すればよいだけです。
先生から無理矢理押しつけられた善悪の判断ではなく、自らの判断なのですから、反抗のしようがありません。


こんな困った状態に陥らないために、

他を意識させる観点から、全員がしたらどんな光景が見えるかを考えさせ、自らの身勝手さに気付かせ
師弟の一線を引く観点から、教える教わる立場の違いに気付かせ


周囲にも特に先生に失礼だという感覚を育てることが不可欠だと思います。
 
スポンサーサイト
待ちの指導法

教室の壺

叱らない、注意もしない指導法!
待つことで子供の自主性を育む
『待ちの指導法』の紹介です
子供が変われば学級が変わります
学級が変われば学校が変わります


クリックで現在ランキングが表示されます。
応援よろしくお願いします↓↓↓↓↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
人気ブログランキングへ
初回(12月3日更新分)からお読み下さるとわかりやすいです
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ教室の壺へ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
目 次
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。