スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脅しは禁物


叱る という行為の範疇にも入らない行為なのですが、脅し に似た注意 の仕方を見ることがあります。

ただし、ここで言う脅しとは、子供を怖がらせる類の脅しではなく、出来もしない懲罰を与えることを口にすると言った、いわば、から脅しとでも言いましょうか、単なる口先だけの軽はずみな注意を指します。


具体例を示してみましょう。

悪ふざけなどを繰り返す子供に、

「つまみ出しますよ」

「廊下に立たせますよ」

と言ってみたり、授業中の態度の悪さに、幾度注意をしても改めない姿に業を煮やして

「もう勉強しなくてよろしい」

「教室から出て行きなさい」

と言ってはみるものの、実際にはつまみ出したり立たせたりという、具体的な懲罰的な行動は行わないという注意の仕方です。

問題点は、築けてもいない先生と子供の信頼関係が築けていると、勘違いをした甘えの構造の上に立っての注意であること。

勉強しないでよいとか、教室から出て行けと言っても、実際には出て行かないだろうという先生側の甘い読みが問題で、この部分が勘違いに当たります。
これでは子供たちに足元を見られてしまいかねません。

もっと言えば、先生が自ら自分自身の言葉を、軽く受け取ってもいいよ、というメッセージを出し続けていることに気づくべきなのです。

その言葉を実行すれば、体罰に当たったり、結局先生自身が困る内容であればもちろん、出来もしない軽はずみな言葉だけの注意は、厳に慎むべきことなのです。

子供たちにとって見れば、文字通り、脅し文句だけで行動が伴わないわけですから、そんな注意のされ方をしても、痛くもかゆくもありません。

もちろん、効き目もありません。

そんなことを繰り返す内に、反抗心が露わになり、先生の予想に反して、出て行けと言われたから出て行くという、強硬な手段に訴える子供が必ず出てきます。
その時になって、ふざけるなや授業中の態度を改めよという、再三繰り返される注意事は無視するのに、挙げ句の果ての出て行けという注意だけ、なぜ素直に聞くのかとぼやいてみても後の祭りです。


本来は、指導者が一度でも口にしたことであるなら、必ず実行されなければなりません。
第一、再三繰り返される注意の仕方そのものが、そもそも問題の始まりなのですが、それは別項に譲るとして、一旦、先生が子供につまみ出すと言ったのであれば、どんなに子供がいやがろうが、抵抗しようが、必ずつまみ出さねばならないのです。

もちろん、法的に問題のある内容を、口走ってしまったため、それを実行しなければならないというのでは、本末転倒、お粗末な限りですが。

それだけ、先生の言葉には重みがあり、軽はずみな感情の揺れによって、発せられるものではないことを常に戒めねばならないということ。
言ったことは必ずするという言動一致の重みがあって初めて、迫力を伴った指導力を発揮するのです。
その積み重ねは、やがて先生の言葉への、いや先生自身への信頼感となって子供たちから支持されるようになる筈です

コメントの投稿

非公開コメント

言行一致、知行合一、言葉は言霊

 言うべき言葉はありません。ありがとうございます。

Re: 言行一致、知行合一、言葉は言霊

kodera様

いつもコメントをありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
待ちの指導法

教室の壺

叱らない、注意もしない指導法!
待つことで子供の自主性を育む
『待ちの指導法』の紹介です
子供が変われば学級が変わります
学級が変われば学校が変わります


クリックで現在ランキングが表示されます。
応援よろしくお願いします↓↓↓↓↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
人気ブログランキングへ
初回(12月3日更新分)からお読み下さるとわかりやすいです
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ようこそ教室の壺へ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
目 次
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。